健康保険が適用となる急性症状

保険適用の症状

足日常生活を送る中で、骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れと認定を受けた症状に関しては、各種健康保険が適用出来ます。保険が適用される症状は以下の通りです。整骨院では、基本的に骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲でなければ保険適用外となります。例えば、肩の痛みに対して「肩こり」ではなく、「運動中に肩を痛めてしまった」。また、腰の痛みに対して「慢性的な腰痛」ではなく、「転倒をして腰を打ってしまった」など、痛みの発生原因が明らかかつ急な症状に対し、保険が適用されます。

主な保険診療科目

  • 骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲、肩の痛み*
  • 腰の痛み*、突き指*、むち打ち
  • 急性的な筋肉痛、関節の痛みなど

*症状によっては保険が適用されず、自費診療となる場合があります。

骨折・捻挫・脱臼・挫傷

膝自宅で転び打ち身になった。自転車で転んで捻挫になった。スポーツをしていて骨折した。このように突如として生じたケガの際は整骨院で治療を行うことが出来ます。

ほかにも打撲や脱臼などの症状は、その応急手当を近くの整骨院で受けることが可能です。この項目では、特に骨折した場合の整骨院での治療について説明していきます。

骨折の処置

スポーツを行っている最中、衝撃を受けたことで骨折してしまった場合、整骨院ではどのような形で処置が行われるものなのでしょうか。

まず、ケガをした段階で「骨が折れている」ということであれば応急処置を行い、整形外科でレントゲンを撮影するなど、骨折しているのかどうかを確認していきます。骨折の程度によっては整形外科でしか処置が出来ない場合もありますので、そこはケガの状態によって判断が分かれます。
外傷のない骨折や骨のヒビなどがレントゲンで確認出来た場合は、その時点で医療的な診断を行ってもらいます。それ以降は、治療を整形外科か整骨院のどちらで行うかをご自身で判断出来るため、早期での回復を目指す場合は整骨院で治療を始めることになります。

整骨院での骨折治療は回復しやすい!

骨が折れた部分を整骨院で固定する際、比較的簡易に取り外せるような固定を行います。なぜなら、固定を外して湿布を交換したり、電気治療を行ったり、患部に近い関節がなまらないように動かしたりすることが出来るからです。完全に固定することが医師のみにしか出来ない処置であることも関係していますが、状況に応じて取り外し出来るようにすることで、関節が固まってしまう心配がなくなります。固定したままの状態では、どうしても周辺の関節などにも影響が出てしまい、リハビリに時間がかかってしまうのです。

整形外科で治療を続けると、周辺の関節も含めて完全に固定されてしまうことが大半なので、通院もその固定を外すときだけになり、部位が改善させる機会がとても少なくなります。固定を行うと骨をしっかりと守りやすくなる反面、周りの筋肉が使わない状態になりがちなため、著しい筋力低下を起こすことにもなりかねません。よって、スポーツ選手などで早期で復帰したいと考える方は、整骨院で治療を行う人が多いのです。

捻挫・打撲・骨折のリハビリ

皆さんにはこんなこと、ありませんか?

  • 足を骨折したので、効果的なリハビリがしたい
  • スポーツで足を捻挫した
  • 足を強く打ち、数日は経過しても痛みが引かない
  • 病院では痛み止めしかもらえず困っている
  • 早く改善できる整骨院を探している

捻挫・打撲・骨折のリハビリでお悩みの方へ

骨折交通事故における捻挫や打撲、骨折などの症状は、痛み止めやギプス固定で様子を見る、という診断が大半を占めます。

捻挫、打撲、骨折は日数が経過することでしか症状は改善しないと思われがちですが、実は早期に改善して、社会復帰も早いリハビリがあるのです。

症状が起こったままにしておくと、筋肉が痩せ細っていき、治りそのものが遅くなってしまったり、痛みが後遺症として続いたり、同じ部分を何度も怪我しやすくなってしまうといった弊害があります。

骨や筋肉の改善は整骨院の得意な施術です。そして当院では、交通事故のケガやリハビリにその道のプロフェッショナルたちが対応します。

捻挫・打撲・骨折のリハビリの施術は?

捻挫、打撲、骨折の主な特徴として、筋肉の繊維や靭帯の損傷、炎症などが挙げられます。交通事故でのケガは予期せぬ方向から強い衝撃を受けているため、傷を受けた部分をかばうためにケガの周辺にある筋肉や靭帯に負担がかかり、体のバランスが崩れてしまいます。そのため、ケガをしている患部だけではなく、ケガ周りの筋肉や関節、骨格などの調子を整え、後遺症を発症させない施術を行うことが重要なのです。

  • 1日でも早く怪我の状態を良くしたい
  • 怪我の後遺症を負いたくない
  • 痛みを取るだけではなく、動かしやすい体にしたい
  • 湿布、痛み止め、固定などの処置では一向に改善しない

このような方には、当院の施術をお勧めいたします。

寝違え

寝違えひょっとしたらこれって寝違え?!

  • 朝起きたら首が動かない
  • 首を横に向けると痛みがある
  • 痛みから上を向けない
  • 腕がしびれる

朝起きると首が回らない、一定方向に動かしづらくなった。このような症状は寝違えと呼ばれ、大体2〜3日は痛みが続き体を自由に動かせなくなります。

寝違えって具体的にどんなもの?

寝違えとは?

寝違えは、片方の首の筋肉、さらには筋肉の周りにある筋膜の組織に熱や痛みが生じてしまった状態を指します。通常、寝違えは1週間から10日ほどあれば自然に快方へ向かいますが、その後も肩こりに悩まされたり、めまいや吐き気がする方は少しでも早くご来院ください。寝違えの症状は、そのままにしておくとさらに悪化していきます。

寝違えになる原因は?

寝違えのもっとも多い原因は、不自然な姿勢で寝てしまうこと。さて、ここで問題です。赤ちゃんが寝る姿勢の悪さに反して寝違えを起こさないのはなぜでしょう?それは、身体に柔軟性があるからです。

寝相は、寝る姿勢の良し悪しよりも、身体の柔軟性が落ちた際に症状が出やすくなります。たとえ寝相が良かったとしても、自分に合わない枕で寝た途端に首が痛くなったという人がいますよね。そういった場合、もちろん枕の高さにも原因が見られますが、自分自身の状態が根本的な原因を作っているケースが多いのです。

次に、首に負担をかける動作や、骨の歪みを普段から抱えている場合。これも寝違えを招きやすいです。首の歪みはすなわち、柔軟性の低下にも繋がります。歪みによっては筋肉にしこりが出来ていたり、自律神経の乱れから神経が過敏になっている場合が多いです。そうした際は、寝違えをそのまま自然治癒に任せたとしても、のちに再発してしまう可能性が高いです。身体に定期的なメンテナンスを施し、ベストな状態で生活を送ることが出来れば、寝違えを予防することが出来ます。

飯岡駅前整骨院の寝違え治療法

マッサージ寝違えは、炎症が生じている状態なので、自分でマッサージすることはお勧め出来ません。また、もしも湿布を貼る際は、温かい湿布よりも冷たい湿布の方が適していますが、湿布は皮膚を通して薬効成分を浸透させるものです。使用する上でより効果的な方法がありますので、ご不明な点はお気軽にご相談下さい。

寝違えた際、筋肉は緊張し、炎症を起こしている状態にあります。ですのでまずは、筋肉の緊張をほぐすマッサージを行います。患者様の骨格のバランスや頸椎の歪みなど、寝違えになってしまう原因は様々です。たかが寝違えと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、症状によっては変形性頸椎症や、椎間板ヘルニア等の疑いがある場合もあります。原因を1から探り、しっかりと施術を行うことで、寝違えを根本部分から改善させ、再発させないようにしていきます。

寝違いを予防するには?

鉄則として、不自然な姿勢で寝ないように心がけることが重要です。対策としては、ご自身の頸椎のカーブに合った枕の使用などが挙げられます。高すぎる枕や柔らかすぎる敷布団は、寝違えの症状だけではなく、肩こりや腰痛まで引き起こしてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

ぎっくり腰

飯岡駅前整骨院のぎっくり腰の施術について

ぎっくり腰重いものを持ち上げたり、無理な姿勢で作業をした時に起こりやすいケガ、それがぎっくり腰です。人によっては、うがいをしたり、洗顔をしようと前傾姿勢を取っただけでもぎっくり腰に陥ってしまいます。突如として腰に大きな衝撃が走り、辛い痛みが生じます。

ぎっくり腰を発症すると、強い痛みが身体の動きはおろか、重症の場合では一人で立ち上がることすら出来なくさせます。当面は身動きを取ることが出来ず、あわや寝たきりになってしまうケースも決して少なくありません。当院では、ぎっくり腰の痛みを素早く除去し、原因の根本部分からしっかりと改善する専門治療を行っています。

ぎっくり腰になったら

まずは、痛みの出ない姿勢で患部を冷やし、当院へお越しください。整骨院に来院される前に、「血流を良くすれば早く治るのでは」と独自の判断を進めて患部を温めてしまうと、かえって症状が悪化してしまう可能性があります。どうしたら良いのかの判断が難しい場合は、お電話にてご相談ください。治療方法のほか、応急処置法のアドバイスも行います。

痛みが落ち着くまでの期間の目安は以下の通りです。

  • ぎっくり腰を発症後、すぐに施術を受けた場合→約3日
  • ぎっくり腰を発症後、そのまま放置した場合→約2週間

※損傷の程度や回復力によって変動します。

骨格のゆがみがある方は要注意!

ぎっくり腰は、重いものを持ったり、腰を強くひねる動作をきっかけに起こるケースがほとんどですが、中には骨盤や背骨といった骨格のゆがみ由来で起こる場合もあります。

ぎっくり腰は、急に発症するイメージをお持ちの方も多いかと思います。しかし実のところ、日常生活で骨盤や骨格にゆがみが生じ、その結果として筋肉が硬直し、ぎっくり腰になりやすい状態になっているのです。当院では、そんな骨格のゆがみを取り除くことで、ぎっくり腰を予防することも出来ます。慢性的に腰痛の症状を抱えている方は、お早めに当院で改善させることをお勧めします。ぎっくり腰を発症させないようにするためには、常に健康な体に整えておく治療が大切です。

早期回復のために必要な治療

マッサージぎっくり腰は、身体の状態次第で治療方法が違ってきます。急性的な炎症の時期には、まず炎症を鎮めること、そして安静を必要とします。ある程度炎症が落ち着いたら、身体を動かせるようになりますので全身の骨格のゆがみを矯正し、ぎっくり腰専用のストレッチなどの運動療法も効果的になります。

ぎっくり腰を発症してから治療を受けるまでの時間が長ければ長いほど、痛みが治るまでの期間が長くなってしまいます。当院では、ぎっくり腰にお困りの患者様お一人お一人の状態に合わせたオーダーメイド治療を行っております。

慢性的なぎっくり腰、あきらめていませんか?

これまでに幾度となくぎっくり腰を経験している方の中には、

  • 仕事上、腰に負担がかかりやすいのでぎっくり腰が起きるのは仕方がないこと
  • ヘルニアを過去に経験しているからぎっくり腰になりやすい体質だ
  • 施術後は楽になるがまたじきにぎっくり腰になるに違いない

などと、思い込んでいる方がいらっしゃいます。ぎっくり腰を予防するには、根本の部分から改善することが大切です。ぎっくり腰になりやすい腰の状態を理解すること、そして日常生活の腰への負担を減らす“ぎっくり腰予防の体操”を行いましょう。回復力は、歳を重ねるにつれて落ち込んでいきます。今すぐに、出来ることを始めましょう。

飯岡駅前整骨院
基本情報

店名 飯岡駅前整骨院
住所 〒020-0834
岩手県盛岡市永井20−2−1
TEL 019-601-9150
一番上に戻る
TEL:019-6019-150アクセス

お問い合わせはこちら