日常生活で起こる慢性的な膝痛

歩くたびに痛む「ひざ痛」はなぜ起きるの?

ひざの痛みの原因は、運動によるひざの使い過ぎ、立ち仕事や重い荷物の持ち運びなどの日常生活におけるひざへの負担、加齢に伴うひざの組織の老化、膝関節の異常を伴う病気などが考えられます。

スポーツや事故などを原因とするひざの痛み

「走る」「跳ぶ」「急停止」「方向転換」など、スポーツでよくみられる動作はひざに大きな負担をかけています。また、ひざ関節周辺の骨の骨折や脱臼、捻挫、打撲、といったけがによる組織の損傷が原因にっているケースもあります。

骨の劣化・摩耗を原因としたひざの痛み

骨、軟骨、筋肉などの体の組織は、年齢を重ねるとともに衰えていきます。なかでも軟骨は長年使われることで、タイヤがすり減るように骨同士の摩擦ですり減り、痛みを発します。これを変形性膝関節症ともいいます。

運動不足に伴う筋力不足を原因としたひざの痛み

ひざには体重の2~3倍もの重荷がかかっています。太っているとそれだけひざの負担が大きくなります。また、運動不足によって足の筋力が低下すると、ひざ関節への負荷を十分に吸収できず、関節に伝わる衝撃が大きくなって痛みが発生します。

脚の変形による
ひざの痛み

O脚やX脚などのように、脚に変形がみられると、重心が内側や外側に偏るため、片方の関節軟骨がすり減りやすくなります。

治療方法

スポーツをしていてひざが急に痛くなってしまった、転んでひざを打ってしまったなど、原因がはっきりしているものあれば、原因が分からない痛みが何日も続く場合もあるひざの痛み。少しでもおかしいと感じたら、まずはふくろう整骨院にご相談ください。原因がはっきりしいる突発性、亜急性の症状には健康保険が適用されます。

一般的な整骨院でひざの痛みを治を行う場合、電気治療やストレッチのみで経過観察することが多いようです。

ふくろう整骨院では、炎症が起きている場合アイシングなどの処置やテーピングなどでの固定後、炎症がおさまったら身体のメンテナンス、筋肉を回復させるための手技マッサージを行います。その後、早く治りたい、治したい人のためにハイボルテージといわれる最新電気治療器を使って施術していきます。

皮膚抵抗が強い一般的な電気治療器では、組織の深層部まで届きにくく、完治までに時間がかかることがあります。

ひざの痛みは、生活習慣を見直し、負担をかける要因を減らすことで予防することができます。ふくろう整骨院では、ひざの負担を軽減する日常生活の動作の指導や、ストレッチ法などをお教えしています。

ひざの痛みは治療後のアフターケアが重要。目先の痛みだけを一時的に取り除くだけでは繰り返し痛みを発症するおそれがあります。

<原因・治療・リハビリ・再発防止>

歩く、走る、階段の昇降など、基本動作にかかせないひざ。爆弾を抱えたままでは日常生活そのものに支障をきたすことがあります。ひざの痛みにはまず、原因を特定し、適切な処置を行った上で、リハビリ(機能回復)と再発予防が重要です。目先の痛みだけを取り除くのではなく、「治す」ことを目的としたふくろう整骨院の治療プログラムをぜひお試しください。

飯岡駅前整骨院
基本情報

店名 飯岡駅前整骨院
住所 〒020-0834
岩手県盛岡市永井20−2−1
TEL 019-601-9150
一番上に戻る
TEL:019-6019-150アクセス

お問い合わせはこちら