保険専門治療

捻挫

転んだり、階段を踏み外したりすることで発症する「捻挫」。原因がはっきりしている症状には保険診療が適用されます。そもそも捻挫とはどんな症状なのでしょう。捻挫の原因や治療法について解説します。
普通に歩いていて脚をひねったり、転んだときに手を不自然についてしまってひねったり……。捻挫はわたしたちの日常生活において起こりやすい症状のひとつです。捻挫といえば足や手首といったイメージを抱く方も多いと思われますが、捻挫は不自然な状態で体をひねることで関節の靱帯や腱、軟骨などが傷つくケガのことです。そのため、どこの関節にも起こる可能性があります。
原因がはっきりしている捻挫は、保険診療で治療を受けることができます。アイシングや湿布などで痛みや腫れを取り除いた後、傷ついた患部の筋肉や神経の回復治療も保険診療が適用されます。

治療方法

問診
捻挫は、ケガをした状態によって症状の度合いが異なります。お話をお伺いした上で、保険診療での治療を行います。ふくろう整骨院では年齢や部活の内容などを問診でお聞きし、適切な治療計画を立てていきます。

捻挫は発症した部位、原因によって処置が異なります。一般的な治療院では捻挫をひとくくりの疾患ととらえ、丁寧な問診が行われないケースもあるようです。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、問診が不十分なため、自由診療になるケースもあるようです。

施術
捻挫は症状が重くなるほど痛みが強く、歩行もままならなくなるツラい症状です。ふくろう整骨院ではまず、痛みに原因となっている炎症を取り除き、その後に傷ついた患部周辺の筋肉、神経などの機能回復を行います。もちろん、保険診療内で完治をめざします。

一般的な治療院での捻挫治療には、アイシングや湿布、テーピングなどの一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、自由診療になってしまうケースも。

成果
整骨院=自由診療と思われがちですが、捻挫は疾患のひとつなので、保険診療が適用されます。ふくろう整骨院では、炎症を取り除いた後も、日常生活がおくれるよう、徹底した機能回復治療を行い、健やかな毎日のお手伝いをしています。

一般的な治療院では、痛みや腫れが引いた状態を完治とし、その後の筋肉の回復は患者様にお任せすることが多いようです。 また、機能回復は保険診療外となり、自由診療に切り替わることもあるようです。

おすすめする理由
捻挫は、ひどくなると足をつくのも辛く、日常生活に支障をきたす、やっかいなケガです。適切な治療を受けないまま、「治った」と勘違いすることで、繰り返すことも……。ふくろう整骨院では、痛みを取り除くと同時に、筋肉、神経、骨への3つのアプローチで機能回復を目指します。保険診療内で、完治を目指します。

肉離れ

突然足に激しい痛みが走る「肉離れ」。筋肉の収縮動作が急激に行われた際に筋肉が部分、または完全に断裂する状態を指します。 肉離れの発症原因は、筋肉の瞬間的な収縮が過度に行われることが考えられます。肉離れ症状は、比較的筋肉も骨格も完成段階にある高校生以上の人に多く発症することが多いようです。日常生活で起こることは考えにくく、筋肉収縮が必要となるスポーツシーンで多くみられます。 肉離れの症状は、医学的に3段階の症状に分けられます。軽傷にあたる第1段階では、部分的に小規模の筋肉断裂が生じているケースです。痛みはありますが自力歩行が可能な場合が多いようです。第2段階の症状になると、筋繊維の一部断裂、筋膜の損傷、皮下内出血が発症しているおそれがあります。この段階になると自力歩行が難しくなってきます。第三弾階の重度になると、かなり重傷の肉離れと診断されます。筋繊維に部分断裂が深く発症し、自力歩行はほぼ不可能となります。痛みも激痛を伴います。症状の段階に関わらず、原因がはっきりしている肉離れには保険診療が適用されます。

治療方法

問診

肉離れは、ケガをした状態によって症状の度合いが異なります。お話をお伺いした上で、保険診療での治療を行います。ふくろう整骨院では年齢やスポーツの内容などを問診でお聞きし、適切な治療計画を立てていきます。 肉離れは発症した部位、原因によって処置が異なります。一般的な治療院では肉離れをひとくくりの疾患ととらえ、丁寧な問診が行われないケースもあるようです。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、問診が不十分なため、自由診療になるケースもあるようです。 施術 肉離れは一度発症すると繰り返してしまうと思われがちです。これは、肉離れを治す過程で筋肉の柔軟性を失っていることが原因と考えられます。当院では保険診療治療と平行し、筋肉の柔軟性を取り戻す筋肉マッサージを行っています。また周辺の筋肉の緊張を整えることで血管が拡張し栄養と酸素を含んだ血液を効率よく流すことで治療効果を促進していきます。もちろん、これらはすべて保険診療が適用されます。 アイシングやシップなどで筋肉を冷やして炎症をとる治療が一般的な肉離れ。しかし、冷やすことを繰り返すだけでは筋肉の緊張が強くなり、再び肉離れを起こすケースがあるようです。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、自由診療になってしまうケースも。 成果 整骨院=自由診療と思われがちですが、肉離れは疾患のひとつなので、保険診療が適用されます。ふくろう整骨院では、炎症を取り除いた後も、日常生活が遅れるよう、徹底した機能回復治療を行い、健やかな毎日のお手伝いをしています。 一般的な治療院では、痛みや腫れが引いた状態を完治とし、その後の筋肉の回復は患者様にお任せすることが多いようです。 また、機能回復は保険診療外ちなり、自由診療に切り替わることもあるようです。 肉離れを発症すると、症状が重いくなると競技や日常生活に戻れるまで数ヶ月を要することがあります。ふくろう整骨院では機能回復までの期間を保険診療でしっかりケアをさせていただきます。

寝違え

朝起きたら首に痛みを感じたり、動かないということがあります。その場合、「寝ちがえ」が疑われますが、そもそも寝ちがえとはどんな症状なのでしょう。 寝ちがえは、首の頚部や背中などに何らかの衝撃が持続してかかることで起こる筋肉の炎症です。寝ている時のように長時間動かず筋肉を収縮させてしまったために、不自然な力が筋肉に加わることで炎症が起こっている可能性があります。 眠っていると無意識に不自然な姿勢になっていることがあります。通常は寝返りをすることで体に負担をかけない姿勢を取ろうとしますが、なかにはそのまま眠り続けてしまう人も。すると、首や背中などに不自然な力が持続的に加わり続けることで首に筋肉の炎症が起こると考えられます。

治療の方法

問診 寝ちがえの症状にが個人差があります。お話をお伺いした上で、保険診療での治療を行います。ふくろう整骨院では年齢や生活習慣、寝姿勢などを問診でお聞きし、適切な治療計画を立てていきます。 一般的な治療院では捻挫をひとくくりの疾患ととらえ、丁寧な問診が行われないケースもあるようです。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、問診が不十分なため、自由診療になるケースもあるようです。 施術 寝ちがえの症状を肩こりと勘違いされている方が多いようです。適切な処置がされていないため、気がつけ「慢性的な痛みに悩んでいる方も。ふくろう整骨院では問診を丁寧に行うことで原因を見極め、筋肉、神経、骨格にアプローチをし、痛みの原因を元から取り除きます。もちろん、保険診療が適用されます。 一般的な治療院での寝ちがえ治療には、マッサージや温熱治療など、一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、自由診療になってしまうケースも。 成果 整骨院=自由診療と思われがちですが、寝ちがえは疾患のひとつなので、保険診療が適用されます。ふくろう整骨院では、炎症を取り除いた後も、日常生活が遅れるよう、徹底した機能回復治療を行い、健やかな毎日のお手伝いをしています。 一般的な治療院では、痛みが引いた状態を完治とし、その後の筋肉の回復は患者様にお任せすることが多いようです。 また、機能回復は保険診療外となり、自由診療に切り替わることもあるようです。 寝ちがえは放置すると日常生活に支障をきたす、やっかいな症状です。適切な治療を受けないまま、「治った」と勘違いすることで、繰り返すことも……。ふくろう整骨院では、痛みを取り除くと同時に、筋肉、神経、骨への3つのアプローチで機能回復を目指します。もちろん治療は保険診療が適用されます。

打撲(打ち身)

体を強くぶつけたり、外部から衝撃を受けると青くアザができることってありますよね。実はこれ、皮膚や皮下組織が損傷したことによる打撲症(打ち身)という症状です。皮膚表面が切れて体外に出血するのではなく、皮膚は切れずに出血だけが起こるのが内出血(アザ)です。 皮膚や脂肪が薄くて皮下組織がダメージを受けやすい部位は内出血がおきやすくなっています。しかし、身体がぶつかり合う激しいスポーツでは身体のいたることに打撲を受けるリスクがあります。ちなみに、頭をぶつけたときに出る「たんこぶ」も打撲のひとつです。日常生活でもちょっとぶつけたり転んだりするこで打撲症になることも。 保険診療の打撲症(打ち身)の治療は、冷やす、圧迫するなどの治療が一般的です。くわえて、傷ついた周辺の筋肉や神経の機能回復を図ることが大切です。もちろん、保険診療が適用される症例となります。

治療のながれ

問診 問診で打撲を負ったときの状況をお聞きし、症状によって治療計画を立てていきます。打撲症(打ち身)の多くは原因がはっきりしているため、保険診療が適用されます。 一般的な治療院ではアイシングや湿布などの一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、問診が不十分なため、自由診療になるケースもあるようです。 施術 打撲直後は筋・筋膜の損傷が痛みを伴うため、それを抑える意味で冷やすのは正しい処置といえます。ただし、30分以上冷やすと、内出血した血液が固まってコブ状になり、筋組織を圧迫してさらに痛みが続くことがあります。当院では患部に電療と筋肉調整を行い、血流を促して早期回復をめざします。 一般的な治療院ではアイシングや湿布などの一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。 成果 整骨院=自由診療と思われがちですが、打撲症(打ち身)は疾患のひとつなので、保険診療が適用されます。ふくろう整骨院では、炎症を取り除いた後も、日常生活が遅れるよう、徹底した機能回復治療を行い、健やかな毎日のお手伝いをしています。 一般的な治療院では、痛みや腫れが引いた状態を完治とし、その後の筋肉の回復は患者様にお任せすることが多いようです。 また、機能回復は保険診療外ちなり、自由診療に切り替わることもあるようです。 打撲症(打ち身)は、症状が軽いからといって放置したり動いたりすると患部に負荷がかかり、症状の悪化や完治が遅れることがあります。打撲した場合はすぐに当院の保険専門診療を受診し、速やかな機能回復を目指しましょう!

骨折

保険診療における骨折とは、骨の一部や全部にヒビが入ったり折れたりする外傷の総称です。ひとくちに骨折といってもその症状によって、気付かないような小さなヒビから生命にかかるような大きな骨折まであります。 保険診療で多くみられる骨折の原因は、転倒やスポーツによるものが多いようです。 もちろん、原因がはっきりしていることが多い骨折には、保険診療が適用されます。 骨折した状態をもとの位置に戻すことを「整復」といいます。整復した箇所を、ギプスで動かないようにすることを「固定」といいます。骨折は骨周辺の筋肉や神経を痛めている可能性もあるので、後遺症がのこらないためにも整復師の資格を持った整骨院での治療がおすすめです。

治療のながれ

骨折は、ケガをした状態によって症状の度合いが異なります。お話をお伺いした上で、保険診療での治療を行います。ふくろう整骨院では骨折の原因を問診でお聞きし、適切な治療計画を立てていきます。 骨折はその種類によって治療が異なるため、専門的な知識と技術が必要です。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、問診が不十分なため、自由診療になるケースもあるようです。 保険診療における骨折治療には、整復師の資格を専任スタッフが治療に当たります。骨折または脱臼している可能性がある場合、「整復」と「固定」の処置を行います。 骨折の整復には柔道整復師という資格を持った施術者が行います。有資格者が在籍していない医療院での骨折治療はおすすめできません。 ふくろう整骨院では骨折後のリハビリも、できるだけ早く痛みを取り、日常生活を送れるよう処置を行います。また、骨折後すぐにご来院いただき、医師の判断や治療が必要と判断した場合は医療機関への受診をおすすめしています。もちろん利用は保険診療内で行われます。 骨折にはさまざまな種類があります。スタッフが未熟な場合、その判断が難しく適切な処置がされないケースがまれにあるようです。 骨折は、誤った治療を行うと、後遺症が残ることもあるやっかいなケガです。ふくろう整骨院では、痛みを取り除くと同時に、筋肉、神経、骨への3つのアプローチで機能回復を目指します。保険診療内で、完治を目指します。

 

脱臼

ボールを投げたり、腕を大きく振り回したりしたことで、関節が外れることがあります。 関節を構成する重なり合った2つの骨の先端は、一方は受け皿のように窪んでいて、もう一方はボールようのに丸くなっています。脱臼はそれらが外れる症状です。それに伴って、2つの骨の周りにある関節包や靭帯などの筋が伸びたり、最悪の場合切れてしまったりすることもあります。転倒やなにかにぶつかったときなどの衝撃で、関節に大きな力がかかると脱臼することがあります。最も脱臼しやすいのは、肩関節です。転倒して腕を伸ばして手をついたときや、ボールを投げたりラケットを振ったり、大きく肩を動かしたときなどによく起こります。

見た目は単純な脱臼に見えても、剥離(はくり)骨折をともなっていることがある脱臼。むやみに引っ張って元に戻すようなことはせず、すみやかに保険診療を受けましょう。

 

治療のながれ

問診で脱臼をしときの状況をお聞きし、症状によって治療計画を立てていきます。原因がはっきりしている脱臼には保険診療が適用されます。脱臼は発症した部位、原因によって処置が異なります。一般的な治療院では脱臼をひとくくりの疾患ととらえ、丁寧な問診が行われないケースもあるようです。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、問診が不十分なため、自由診療になるケースもあるようです。

どこを脱臼したかによって、治療方法は異なります。 場合によっては骨折を伴った脱臼や、じん帯の損傷を伴うこともあります。その場合、病院でのレントゲン検査を行いましょう。 その上で適切な施術を行います。もちろん、保険診療が適用されます。

脱臼は整復後、約3週間は患部を固定する必要があります。 不完全な治療が原因で、再発したりクセになるリスクが高まります。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、自由診療になってしまうケースも。

整骨院=自由診療と思われがちですが、脱臼は疾患のひとつなので、保険診療が適用されます。ふくろう整骨院では、整復した後も、日常生活が遅れるよう、徹底した機能回復治療を行い、健やかな毎日のお手伝いをしています。

一般的な整骨院では、痛みが生じてる患部を一時的に緩和する治療が用いられますが、根本的改善には「なぜ脱臼をしたのか」「なぜ再発するのか」という疑問を解決することが大切です。

脱臼は、正しい治療を行わないと、くせになってしまう厄介な症状です。ふくろう整骨院では、筋肉、神経、骨への3つのアプローチで機能回復を目指します。もちろん治療は保険診療で行われます。

ぎっくり腰

腰が急に「グキっ」となって、激痛が走り、ひどくなると一歩たりともそこから動けなくなることもある「ぎっくり腰」。正式には急性腰痛症と呼ぶこの症状は、保険診療で治療を受けることができます。ぎっくり腰の原因はさまざまあり、筋肉疲労や骨格の歪み、重いものを持ったときの腰への過負荷などがあげられます。

保険診療におけるぎっくり腰は、長時間同じ姿勢でいたことで体の柔軟性が失われ、急に体を動かすことで腰の負荷が大きくなり、ぎっくり腰になってしまうことがあります。重いものをいきなり持ち上げたときのぎっくり腰も、同じ理由が考えられます。

ぎっくり腰は症状に個人差があるため、まずは原因を見極めることが大切です。症状により炎症の疑いがある場合は冷やす、炎症生がなく椎間関節(背骨)に機能障害がある場合は手技によるマッサージを行います。ぎっくり腰は不注意で起きたため、保険診療が適用されないと思われている方も多いようですが、原因がはっきりしている症状には保険診療が適用されます。

治療のながれ

いつ、どんな状況でぎっくり腰になったかを詳しくお聞かせください。また、生活習慣や姿勢なども原因として考えられるため、普段のライフスタイルについてもお聞かせください。

一般的な整骨院では、ぎっくり腰の痛みだけを取る治療が行われることがい多いようです。ぎっくり腰になぜなったのかを見極めないことには、再発のリスクが高まります。また、本来なら保険診療が適用されるケースでも、問診が不十分なため、自由診療になるケースもあるようです。

常に同じところに負担がかかることにより痛みが出てしまうのがぎっくり腰です。筋肉が使われないことによる負担がかかります。ふくろう整骨院では手技による筋肉調整やハイボルテージの電圧治療、骨格矯正を行うことで負担を徐々に取り除いていきます。

ぎっくり腰が激しい痛みを伴うことが多いため、いまある痛みを取り除くことだけを行う整骨院が多いようです。

整骨院=自由診療と思われがちですが、ぎっくり腰は疾患のひとつなので、保険診療が適用されます。ふくろう整骨院では、炎症を取り除いた後も、日常生活が遅れるよう、徹底した機能回復治療を行い、健やかな毎日のお手伝いをしています。

一般的な治療院では、痛みが引いた状態を完治とし、その後の筋肉の回復は患者様にお任せすることが多いようです。 また、機能回復は保険診療外となり、自由診療に切り替わることもあるようです。

ぎっくり腰は、立ったり歩いたりすることも困難になるやっかいな疾患です。適切な治療を受けないまま、「治った」と勘違いすることで、繰り返すことも……。ふくろう整骨院では、痛みを取り除くと同時に、筋肉、神経、骨への3つのアプローチで機能回復を目指します。保険診療内で、完治を目指します。

飯岡駅前整骨院
基本情報

店名 飯岡駅前整骨院
住所 〒020-0834
岩手県盛岡市永井20−2−1
TEL 019-601-9150
一番上に戻る
TEL:019-6019-150アクセス

お問い合わせはこちら