保険適用となる腱鞘炎治療

産後の女性に多い腱鞘炎ってどんな症状?

原因がはっきりしている腱鞘炎は、保険診療で治療を受けることができます。

腱鞘炎は炎症を起こしている部分を触ったり動かすと痛みが生じ、腱に近い部分の関節を少しでも動かすと強い痛みを伴う特徴があります。

腱鞘炎の原因は、反復運動での作業など一部分の関節への負荷のかけすぎが多く関係しています。文章を書いたり、パソコン作業によるタイピングが原因の指の腱鞘炎などが多いようです。仕事や趣味に密接に関係している症状といえますね。

中でも ご相談が一番多いのは、出産後の腱鞘炎。手首が痛くて赤ちゃんを抱っこできないというお悩みをよく伺います。腱鞘炎は患部を休めて負担を避ける事が大切です。患部が熱を持っている場合や、炎症を起こしているときは患部を冷やしつつ、テーピングなどで患部を動かないよう固定する処置を行います。 炎症が落ち着いたら腱が固まらないよう、マッサージやリハビリをすることが大切です。

腱鞘炎の根本改善は、当院へお任せください!

腱鞘炎は、ひどくなると腱がかたまり、思うように動かなくなることもあるやっかいな疾患です。適切な治療を受けないまま、「治った」と勘違いすることで、繰り返すことも……。

飯岡駅前整骨院では、痛みを取り除くと同時に、筋肉・神経・骨への3つのアプローチで機能回復を目指します。保険診療として治療ができますので、一緒に完治を目指しましょう。

STEP1*まずは問診から

相談腱鞘炎は発症した部位、原因によって処置が異なります。一般的な治療院では腱鞘炎をひとくくりの疾患ととらえ、丁寧な問診が行われないケースもあるようです。また、 本来なら保険診療が適用されるケースでも、問診が不十分なため、自由診療になるケースもあるようです。

腱鞘炎は、原因を見極めることが大切です。ライフスタイルや仕事の内容などを詳しくお聞きし、保険診療での治療を行います。その上で適切な治療計画を立てていきます。

STEP2*治療プログラムを立て施術開始

一般的な治療院での腱鞘炎治療には、アイシングや湿布、テーピングなどの一時的な対処療法が行われますが、一時的に過ぎないため根本的な原因を取り除くまでには至らないことが多いようです。

腱鞘炎は症状が重くなるほど痛みが強く、仕事や日常生活に支障をきたすやっかいな疾患です。飯岡駅前整骨院ではまず、痛みに原因となっている炎症を取り除き、その後に傷ついた患部周辺の筋肉、神経などの機能回復を行います。

STEP3*効果検証のアフターケア

一般的な治療院では、痛みや腫れが引いた状態を完治とし、その後の筋肉の回復は患者様にお任せすることが多いようです。また、機能回復は保険診療外となり、自由診療に切り替わることもあるようです。

整骨院は整体院同様に自由診療がメインと思われがちですが、腱鞘炎は疾患のひとつなので、保険診療が適用されます。

飯岡駅前整骨院では、 炎症を取り除いた後も、日常生活が遅れるよう、徹底した機能回復治療を行い、健やかな毎日のサポートをしています。

一番上に戻る
TEL:019-6019-150アクセス

お問い合わせはこちら